忍者ブログ
有間ダム、名栗湖へ・・・。
お盆休みで時間が出来たので、有間ダム、名栗湖へ行って来ました。

場所は、飯能になると思います。

天気が台風の影響なのかイマイチでしたが、行きは何とか
雨も降らずにもってくれました。

ルートはR463、R299、R395(この道が曲者でした)、R53(南下)
で行きました。

ダム自体は至って普通でしたが、なかなかの絶景でした。

その後は、小鹿野の町中を通って、毘沙門水に行きました。

天気が怪しくなってきたので、10時には秩父を後にして、颯爽と
帰路につきました。

(写真は、有間ダム、合角ダムにて)











PR

2015/08/10 19:32 | Comments(2) | オートバイ
奥武蔵グリーンラインへ・・・。
久しぶりのツーリングに行って来ました。

場所は、秩父の奥武蔵グリーンラインです。
(正確には、秩父ではなく飯能、毛呂山かな?)

朝、5時に出発したのですが、現地に到着するころには、
既に、だいぶ暑くなっていました。

グリーンラインに入ってからは、山なので日差しも遮られて、
快適そのものでした。

下道で行ったので、費用的には安上がりでした。

ただ、帰りは午前中で引き上げたのですが、山を下りてからは、
灼熱地獄でした。
(ホント、熱中症になります・・・)

写真は、鎌北湖、天文岩、奥武蔵グリーンライン、狩場坂峠です。

次回は、有間ダム、名栗湖に行ってみようと思います。








2015/07/27 19:38 | Comments(1) | オートバイ
定峰峠、毘沙門水、ループ橋へ・・・。
秩父、定峰峠、毘沙門水、ループ橋へ行って来ました。
朝は、天気が曇りでしたが、秩父に着いた頃には晴れました。

少し(だいぶ?)暑いくらいでした。

小鹿野町も、プラプラ走りました。小鹿野は、ホント良いところです。
滝沢ダム、合角ダムも見て来ました。

走行距離はトータルで250キロくらいです。
一般道オンリーで、ガス一回給油でお安く上がりました。

250ccのスクーターなので、燃費は良いです。
荷物も入りますし・・・。

ただ、疲れていたせいか、滝沢ダム出口で痛恨の立ちごけです。
出口が斜めになっているので、足をついたつもりがダメでした。
バイクは、大したダメージは無かったのですが、足を捻挫しました。
やはり、歳には勝てません。以後、気を付けようと思います。
(スクーターは、足つきが悪いです。蟹股になります)

毘沙門水の水は、冷たくて暑い日におすすめです。
また、行こうと思います。

今回、初めてループ橋にて、コーヒーツーをしました。
ツーリング先で、飲むコーヒーは格別です。

http://www.chichibu-enavi.jp/index.html























2015/06/14 07:53 | Comments(1) | オートバイ
さいたま市、さぎ山公園へ・・・。
市は違いますが、ご近所の ”さぎ山公園” へ、行って来ました。

初めに、大型二輪のパンフレットを、飛鳥ドライビングカレッジに
もらいに行ってから、さぎ山公園へ向かいました。(方向が逆ですが・・・。)

天気も良く、本当は遠出をしたいのですが、明日が仕事の為、
近場で済ませました。(ほんと、ツーリング日和でした)

公園自体は、どこにでもある普通の感じです。
ちなみに、市内在住の人なら、バーベキューが出来るそうです。(予約制)

天気のいい日なら、散歩には良いところです。

秋ぐらいから、大型を取りに行こうと思っています。
3年をメドくらいに、CB1300に乗り換えたいな~と思っています。

http://blog.sgp.or.jp/findpark/midori/sagiyama_kinen.shtml








2015/06/07 15:00 | Comments(0) | オートバイ
ライダーズボイス。
田口峠で撮った写真が、ホンダのライダーズボイスに掲載されました。

(おそらく、ほとんどの人が掲載されると思う・・・?)

ま~、何となく感慨深いかな?

また、ソロツーに行きたいのですが、休みが無い!!

何とか、ならないかな~。 悲し~。

予定としては、ぶどう峠(長野)、定峰峠(秩父)、金精峠(日光)etc。

+ コーヒーツー。。。

(大型も取って、CBR600RRにも乗りたいです)夢、夢、夢。

掲載URL →

http://www.honda.co.jp/ridersvoice/list/forza/2015/0023.all.all.all.all.7.-201505053719.none.html

2015/05/29 20:22 | Comments(0) | オートバイ

<<前のページ | HOME | 次のページ>>
忍者ブログ[PR]